FC2ブログ
09.28
Thu

1つの巣に住んでいるアリは皆同じ女王アリから生まれるそうだ(種類によって多少ちがうかも)。

アリも、春になると、他の動物と同じように子孫を増やすために活発になる。



春、雨の降った日の次の日、晴れていて暖かかったらそれが合図。

背中に羽のついたアリが一斉に旅立つ。

羽のついたアリの中には女王アリと雄のアリの両方がいるらしい。

そして、自分の巣から離れたところに飛んでいき、うまくいけば他所の巣から飛んできた雄アリ(女王アリ)と出会い結ばれ、

羽を落として、その地で新しい巣をつくりだす。

(雄アリはその場で用済みなんだろうな・・・ (´・_・`) 自然はきびしいぜ・・・)



数日前にそんな日があった。暖かいピーカンの日。

無数の羽アリが飛び回っていた。

地面を見ながら歩いていると、いるいる、羽のなくなった女王アリが。

日本にいるときは、女王アリなんて意識したことも見たこともなかった。



女王アリを捕まえて試験管のような容器に入れ、水分だけは欠かさないようにして、

暗い所に容器ごと入れておいておくと(数週間~数か月)、

そのうち卵を産み出し、最終的には働きアリが生まれてくる。

ある程度コロニーが大きくなったら(働きアリが数十匹まで増えたら)、

大きな入れ物に移して巣作りを手伝ってあげると(餌あげたり、掃除したり)、

どんどん増えて巣が拡大していくらしい。

アリってなんかすごい。



アリを専門にしているYouTuberもいて、アリの世界も奥深い (゚д゚)



ある日、アリ関係のYouTubeビデオを見ていて知識がひとつ増えた。

少し前に日本でニュースになってたヒアリって fire ants なのね Σ(゚Θ゚)

アホさ加減がよくわかるが、急にピーン!ときたのだ。

ヒアリ、ヒアリって、ずっとカタカナで見ていてわからなかったw

攻撃的なアリではあるらしいけど、アレルギー持ちでもない限り、そんなに怖がるほどのものでもないような・・・

怖い怖いと煽る報道になんだかもやもやしたのだった。



どこの国のものでも手に入る時代に、

生態系が影響を受けて変わっていくのは避けられないことのような気がする。



オーストラリアは動植物の持ち込みに厳しい国だけど、

外に出れば、動物も植物も外来種だらけだ。

これからもじわじわ色んなものが入ってきて、

変わっていくんだろう。



変化のスピードを抑えることはできても、変化自体をとめることはできないんじゃないかな。




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
09.27
Wed
何もないときはなーんにもないし、

忙しいときはこれでもか!というほど色んなことが起こる。



なんか腕に痛みがあると思ったら、猫に噛まれたとこが腫れてきた (ノ_<)

すっかり忘れていたのに。

重症化するとやばいらしいので、少しでも悪化したら医者に行く。



今晩はローストチキンの残りで作った鶏がらスープを使って、

再びベトナムフォー!フォー大好き ヽ(≧∀≦)ノ



しばらくバイトに行っていない。

久しぶりに行ってみたいなぁ。

そんな風に思える自分に驚いている。

行き始めた頃は、慣れないし、自信もないし、失敗ばかりしてたし、

嫌で嫌で仕方なかった。

前の日になると眠れないほど嫌だった。



行動してみるって、大事ね。





人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
09.26
Tue

体はずーっと座っていた、が、頭の中で忙しく走りまわった1日だった。

集中しすぎたのか、疲れたのか、目が回りそう・・・ (°_°)(°_°)(°_°)

自分がふと異次元にいるような気がしてくる。

普段とは違うモードの私がそこにいる。

目の前に薄い膜が張っているような、

夢と現実の間にいるような感じというか、

まあ、つかれてるんだろうな (´・_・`)



体力と同じで、頭の動きの限界点も年とともにさがってくる。

自分の限界を知って、受け入れるべし、べし。

無理してミスったり、質を落としたくない。



今日はもう働かない (*`ω´*) 決めた決めた。

頭のネジを緩めて、まったり過ごそう。

夜ご飯はテイクアウトにしちゃう。

サラダだけ簡単に作って、

ローストチキンとチップス(ポテトフライ)を買ってこよう。

そうしよう。




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
09.25
Mon
ひきこもり期間中は気が付けばブログを書いていない日が続く。

家にいても忙しくはしているけれど、

行動範囲が狭くなると書きたいことを思いつく頻度が下がる。



そんな平坦な本日のハイライトは朝昼兼用ご飯。

ベトナムフォーを自分なりにアレンジしてみた。

ウマかった。

乾麺だと前もって水に漬けておかないといけないから、

短時間で準備したいときはパックになったソフト麺を使う。



お湯に鶏がらスープの素とネギの根っこの部分と生姜のみじん切りを入れ、

塩コショウで味を調える。

ソフト麺を入れて、

モヤシと刻み葱を山ほど入れて、一煮立ちさせる。

丼に移したら、パクチーをこれでもか!というくらい入れて、

レモンを絞り、スイートチリソースを少し入れて、

できあがりー!(((o(*゚▽゚*)o)))

小皿に入れた海鮮醤とチリソースで味変しながら召し上がれー。

揚げ豆腐や鶏肉があればもっと食べ応えが出るよ。




あー、また食べたくなってきた。

明日もこれでいこう。




今日の夕食は、がっつりハンバーガー。

焼くだけのパテにレタスをがっつり、

トマトとチーズとピクルスを挟んで、

バンズにはケチャップとマスタードを塗って、

オーブンで焼くだけの即席ポテトフライと一緒にいただきます。



ワインもあけちゃうぜ ヽ(≧∀≦)ノ



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
09.22
Fri

今週はなんだか慌ただしく、プチ燃え尽き気味である。

家の用事が忙しくて、仕方がないので夜に働いていたら疲労感が抜けない _(:□ 」∠)_

(↑の絵文字、「膝を折って人が倒れている姿」に見えるんだけど、ちがう?顔なのかな?)



オーストラリアは年度が7月で変わる。

前年度の確定申告をいまだに終えていないんだが、ちょっと整理をしてみて愕然。

前年度の私、全然仕事してなかった ((((;´・ω・`)))

どうりで懐が寂しいわけだZE。



2つしている仕事はどちらも日雇いのようなもんなので、労働時間の管理は自分次第なのだ。

逆に言えば、私のような計画性のない人が怠けると、そりゃあ(数字的に)寂しい結果となってしまう。

反省。

今年前半は調子があまりよくなくて、積極的に引き籠っていたから収入が減っている自覚はあったけど、これほどとは Σ(゚д゚|||)



あかんあかん ((((;´・ω・`))) もうちょっとがんばらねば ((((;´・ω・`))) と思った金曜日の昼下がり。



でも久しぶりの夜なべの後、これを書いている今も居眠りしそうなくらい眠い。

週末はひとやすみの時間にしやす。

睡眠は体だけじゃなくて心の健康にも必要なもの。

(。pω-。)




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




comment 0 trackback 0
09.21
Thu

私はこのままオーストラリアで年を重ねていつかこの世を旅立つんだろうか。

海外に定住している日本人なら考えたことがあることだろう。



数年前までは、何かあれば日本に帰ろうと思っていた。

選ばなければ、何とか仕事も見つかりそうな気がしたし、

家族や友人がいる日本の方が圧倒的に住みやすいだろうと思っていた。



最近は、このままここで暮らし続けてもいいかなーと思っている。

どう転んだって、この地で何とか生き延びることはできそう、

という自信が芽生えてきたのかもしれない。

日本に帰ったところで、そう遠くない将来親はいなくなってしまうし、

親戚付き合いや友達付き合いも、海外に住んでいるからこそ途切れずに続いている部分がある。
(帰省に合わせて人が集まる感じ - 私の帰省がそのきっかけになっているならうれしいけどね)



話はいきなり死後に飛ぶがw

ただ、土葬だけはなぜか気が進まず、夫には火葬にしてくれとお願いしてある。

できたら灰を海にまいて欲しいな。太平洋に繫がる海 (・・・それ海ならどこでもいいやん)。




また年を取ったり病気になったりしたら、気持ちも変化するのかもしれないし、しないのかもしれない。

行ってみないとわからないのが人生。





人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
09.20
Wed

久しぶりに図書館でDVDを借りた。

「アデル、ブルーは熱い色(Blue is the Warmest Colour)」というフランス映画。

(しかしこの邦題の鈍くさい感じはどうにかならんのだろうか・・・)

すごくよかった。主役の女優さん(若い方)、すごいなぁ。

何も知らずに観たから、最初の方は痛がゆ切ない青春映画なのかと思った。

思春期の脆くてむき出しな感じに、忘れてたものを思い出した。

実際は青春映画ではなくて、同性愛カップルの始まりから終わりまでと

その中で変わっていく1人の女性を描いた愛の物語だった。



お相手の女優さん(007のスペクターに出てた人)もよかった。

フランス人の女優さんって、自然な色気があって、媚びない感じがかっこいい。

あんな人に言い寄られたら(ないけどw)、同性愛者じゃなくてもほいほいついて行きたくなるだろう。



少しネタバレかもだけど、

ひとつの過ちで2人の関係が終わってしまったのが切なかった。

壊れたものは二度と元に戻らない (´・_・`)

主人公はボロボロになっちゃって、見ていて痛々しい。

前に進もうとしている相手役もすごく悲しげで、

きっと誰もがそんな思いをしたことあるはず。

リアルな痛みに気持ちが若返った気がした。あの頃に戻りたいとはは思わんけれどw


裸のシーンでは何もかも割とバッチリ見えてたけど、あれは日本ではモザイク入りなんだろうか。

ちなみにオーストラリアではR18に設定されている。


フランスの高校生は、精神的にも肉体的にもほんとにあんなに成熟してるんだろうか。

日本の高校生がすごく幼く感じる。

私が15、6歳だったころは、性に関しては興味深々だったけれど、

男性とのお付き合いはまだまだ「冒険」の域だった。

話すだけでもドキドキしたもんだ。

高校生のときは自分が何をしたいかなんてわかっちゃいなかったし、

本を読むのは割と好きだったけれど、文学や哲学について大人と会話できるほど

知識もなけりゃあ興味もなかった。

きっと話を振られたら、一丁前の顔をしてえらそうにコメントしたんだろうけどw


どっちがいいってもんでもないんだろうけど、

もし選べるなら、フランスで高校生してみたかったわーと思う。



やっぱり映画っていいね (* ´ ▽ ` *)





人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
09.19
Tue

少しずつ暖かい日が増えてきて、家の中にクモを発見するようになった。

オーストラリアに引っ越してきた当時は、見つけるたびに手に汗握り、

(怖くてなかなか攻撃できずw)長い時間かかって退治していたクモ。

他の虫を食べてくれるいい奴らなのはわかっていたが、

一緒の空間にいるのがとにかく無理で、

かといって、つかまえて外にそーっと放す度胸もなかった。



月日は流れ・・・



今は直径3センチ以内のクモなら、同居できるようになった。

お尻が白いの(white tip)は毒グモなので、容赦せずやっつけられる。

そこそこ大きなやつでもちりとりに乗せて外に逃がすくらいならできる。

ハンツマンというでっかいのがいて(日本でいうアシダカグモ?)、狩りがとっても上手なんだけど、

それが網戸の外側に間借りしているくらいなら、大丈夫にもなった(昼間は隠れていて、夜になると出てくる)。



アリの大発生も2度ほど経験した。

一匹一匹は可愛らしいが、いっぱい集まると途方にくれるね。

でも、洗剤染みこませたスポンジ(通り道を消すため)で、軍隊ごと撤去できるようになった。

大発生したのは小さい普通サイズのアリんこだったが、

インチアント(その名のとおり、1インチ=2.5センチくらいの長さがあるアリ)と呼ばれるばかでかいアリもいる。

夫はインチアントにアレルギーがあるから、

家の中でやつらをみかけたときは退治できるようになった。

余談だけど、インチアントはアゴがでかくてめちゃくちゃ攻撃的なアリである。

巣の上を歩くと、足音を聞き付けて見張り番みたいなやつが出てくる。

で、人間である私に闘いを挑んでくるのだ、アリの分際で。(そう見えるくらい攻撃的)

噛まれると結構痛いらしい。



家ムカデ?っていうのもお出ましになる。これは未だに苦手。

実際のムカデではないらしいが、見た目がなんともいえないやつらである。

夫婦?でいるみたいで、一匹みると、必ずもう一匹そのへんにいる ((((;´・ω・`)))

やっつけることはできないので、逆さまのガラス瓶をそーっと被せて、

夫の帰りを待つw



ネズミも活発になる。

幸い家の中を走りまわることはないが、天井裏には確実にいる(猫が何回か獲ってきた)。

ハムスターサイズのかわいらしいネズミもいるし、ドラえもんが見たら失神レベルのドブネズミ(みたいなの)もいる。



可愛いどころでは鴨がヒナ連れで歩き出す。

一家族に10羽くらいヒナがいたりして、鴨の集う公園で家族構成など考えると楽しめる。



マグパイ(鳴き声のきれいな白黒の鳥)が巣作りを始め、攻撃的になる(人間にも低空飛行で威嚇してくる)。

カンガルーのポケットからは赤ちゃんカンガルーが顔を出し、

コアラの背中に赤ちゃんコアラが乗っているのを目撃したり、

巣から落っこちた鳥のヒナやら、ポッサムの赤ちゃんを発見するなんて事件も起こる。



生命を感じるにぎやかな季節。

春から夏にかけてのからっとしたお天気の日は、本当に気持ちがいい。

真っ青な空にユーカリの木が映える。

色とりどりの鳥たちがにぎやかに飛び回る。



オーストラリア生活の中で気に入っていることのひとつだ。





人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
09.15
Fri

車の運転中は大抵スマホに入っている音楽を流している。

今日はなぜか全曲シャッフルの設定になっていて、

井上陽水の「人生が二度あれば」が流れ始めた。

・・・どよーん・・・ (´・_・`)



でも聞いていてちょっと違和感を感じた。



母は今年九月で 六十四
子供だけの為に 年とった
母の細い手
つけもの石を 持ち上げている
そんな母を見てると 人生が
だれの為にあるのか わからない
子供を育て
家族の為に 年老いた母
人生が二度あれば
この人生が二度あれば


なんか可哀そうな風に歌われているけど、結構いい人生じゃまいか?

その後、ますますそう感じる歌詞が続く。


父と母がこたつで お茶を飲み
若い頃の事を 話し合う
想い出してる
夢見るように 夢見るように


2人して夢見るように思い出せる過去があるなんて、

めちゃくちゃしあわせなことじゃないの~ (;д;)



いい人生ってなんだろね。

人によっては名を成すことが大事だったりするのかもしれないけど、

守るべき家族のためにがむしゃらに働いて、

ふと気が付けば、パートナーとこたつに座ってお茶を飲んでる年になってる・・・

ってわりと素敵な人生だと思う。



そういう私も、若い頃は見るからにでっかいこと(って何w)を成し遂げてない人は

「普通の人」=かっこよくない。

深く考えることもなくそう思っていて

あほだった。 (´・_・`)



一方で、エネルギーに溢れていて、人生どうにでもなるって根拠のない自信があった。

キラキラした時代だったけど、

戻りたいとは思わない。




あと、イマドキの64歳ってもっと若々しいよね、と思った (・Д・)ノ







人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
09.14
Thu

夫連れで帰省する計画が持ち上がっている。

もう何年も機会がなかったから嬉しいけれど、

懐が寂しい (´・_・`)



私は実家でぼーっと過ごして、スーパーに買い物に行って、友達や家族とごはん食べに行って、

親とビールでも飲みながらぽつぽつ会話して、

お寿司と季節のおいしいものでも食べられたらそれでハッピーなんだけど、

夫連れとなるとそうもいかない。



旅行サイトとにらめっこ。

うーむ。

日本国内で行ってみたいところはいっぱいあるけれど、

すぐに諭吉様が数人必要になってしまうやないの (°_°)



移動と宿泊にお金がかかるわけだから、

実家から日帰りで行けるとこにちょこちょこ出かけるか。



改めて見てみると、日本には訪れてみたくなる場所が本当にたくさんある。

歴史があるから、古い建築物も多いし、お寺や神社もそこら中にある。

おいしい食べ物もたくさんあるし、

ああ楽しみになってきた (´∀`*)




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
back-to-top