FC2ブログ
08.09
Thu

同じようなことは何度か書いているけども、また考える機会があったから忘れないよう・・・



犬の散歩中に時々すれ違う人々がいる。

その中で、普段は「お父さん」が犬を連れているが、

久しぶりに「お母さん」が散歩をしていて、すれ違うときに挨拶をして。。。。ちょっとびっくりした。

失礼承知だけども、「老けたなぁ・・・」と思ったのだ。

彼女に初めて出会ったのは、5,6年前。

彼女は前の犬が亡くなった後で、いつも一人で散歩していた。

うちの犬はまだ仔犬だった。 かわいかったな (#^.^#)

彼女もそのうち仔犬を迎え入れて、

その仔犬はあっという間に成長し、

気がついたら、彼女はおばさん、というよりおばあさんになっていた。



きっと、私も老けただろなー ( ̄▽ ̄;)






お互いの犬もすっかり成犬になって、

当たり前だけども、

変わらないものはないんだなぁ

と改めて思った。



何だか切ない気持ちになったけど、

みんなが通り過ぎていく道で、

今という時は二度と無くて、

だからこそ人は生きてることに価値を感じられるのかな。



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://uchunosumikko.blog.fc2.com/tb.php/190-5be78451
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top