FC2ブログ
09.03
Sun

色んな人がいるもんだシリーズ(?)。



おそらく平均的なオーストラリア人よりも原始的な暮らしている知り合い家族がいる。

どういう暮らしかというと、

町からずっと離れたところに広い土地を持ち、

雨水で暮らし(水道が通っていない)、

農家ではないけれどたくさんの動物(羊、にわとり、アヒルなど)がいて、

庭で育てた野菜やハーブを食べ(ベジタリアンなので飼ってる動物は食べない)、

何でも自分たちの手で作る。



敷地内にある朽ち果てた車(前の所有者の時代からあるらしい)が

子供の遊び場の一部になっている。

家の門から家までのドライブウェイは、舗装されていない凸凹道がひたすら続き(門から家が遠い)、

夕暮れどきになるとたくさんのカンガルーが出没する。



家の中と外の境目が普通より曖昧な感じ。

アウトドア感が強い(どんなだ)、というか

埃っぽいのや虫がきらいな人には耐えられそうにない環境、というか。



とにかく、そこに住んでいるご夫婦と話をしていたら、

雨が少なかった年の話になった。



雨の降らない日が続いた後に、突如洪水が起こりそうな量の雨が降った日があったそうだ。

話自体は、そのときの雨量と最近アメリカで起こったハリケーンの雨量の比較や

世界中の気候の変化の話題に移っていったんだけども。



びっくりしたのは、

奥さんが、その大雨の降る前の日に雨乞いの踊りを踊ったと言ったこと Σ(゚Θ゚)

雨乞いダンス??

「だからかな、大雨になっちゃったのよ ヽ(´∀`)ノ」

と笑顔で言う奥さん。



子どもの頃にてるてる坊主を飾ったことならあるけど、

雨乞いダンスはしたことないな。



でも、雨乞いの踊りができる暮らしってのも、

なんとなく気持ちに余裕がある感じで素敵、かも・・・?



(ある日突然、うちの夫が庭で雨乞いの踊りを舞い始めたら本気で心配するだろうけど 汗)




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://uchunosumikko.blog.fc2.com/tb.php/43-3b366804
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top